保育に関する情報を発信するブログです。

保育の仕事術

保育士の転職

保育士が通勤時間・勤務地を選ぶときに参考にしたいことまとめ

更新日:

勤務地で保育園を選ぶ

求人を探す時、あなたはどんなことを気にしていますか?

  • 勤務時間
  • 給与・賞与
  • 人間関係
  • 休日日数

優先順位は人それぞれですが、上に挙げたことをまずは気に留めるでしょう。

求人を選ぶ際に二の次になりやすい勤務時間が意外にも保育の質やプライベートを左右します。

通勤時間が保育の質や保育士のプライベートを左右する理由

通勤時間が保育の質や保育士のプライベートを左右すると言われて「なぜ?」と思う方もいると思います。

保育士だけではないのですが、通勤時間は勤務時間と同様に減らすことができない拘束時間。通勤時間が長いほど仕事で拘束される時間は長くなります。

特に保育士という仕事に慣れていない新人保育士や行事などが多い園の行事前は業務で拘束される時間が長いと予測されます。勤務時間と通勤時間の合計時間が長いと自分が仕事を忘れてリフレッシュする時間をとることもままならないでしょう。

早朝からなどの勤務がある場合、睡眠時間が削られることも。眠る時間が短くなれば翌日に疲労を持ち込むこともあり、思考力・判断力・瞬発力などが落ち、保育や子どもの安全に影響してしまうこともあります。

プライベート時間の確保、保育の質の維持から見ても通勤時間は短い方がよいと言えます。しかし、短ければいいというわけではないのでメリットとデメリットを考えてみましょう。

勤務地が近いメリット

  • プライベートの時間確保できる
  • 休息をとりやすく、疲労がしっかり回復できる
  • 朝、ゆっくり出勤できる
  • 土地勘があるので、なじみやすい(保護者や保育士とも)

場所にもよりますが、車の通勤でなく、電車や自転車で通うことも可能です。自転車や徒歩で通えるとしたら、健康的ですし、エコですね。

勤務地が近いデメリット

  • 園児と生活圏が被る
  • 外出時も気を遣う

勤務地が近いデメリットとしては、生活圏が園児やと被ることでしょう。ちょっとした買い物でも園児や保護者と会う可能性が高く、気が抜けません。他にも勤務している園に友人の子どもが入園してきたなどもありますね。

外出した際に何かと気を遣うことが多くなりそうです。

求人情報の探し方

無料の求人冊子では、福祉職として保育士を募集しているのですが高齢者施設や障害者施設などが多いです。保育園はあまり掲載されません。

保育園が求人を出す先として

  • 保育士養成校
  • ハローワーク
  • 新聞広告の求人
  • 求人サイト

学校やハローワーク、求人サイトに比べ新聞広告の求人が一番鮮度がよいと言えるでしょう。

公立園では、臨時職員の募集をHPか広報で行っています。公立園で働きたい方はそれらを見るか、直接働きたい役所に問い合わせるとよいと思います。

しかし、公立の場合は登録制になっていて、保育士が不足した場合に勤務することが可能となるので、すぐに働けるとは限りません。どこの園に派遣されるかも希望が通るわけではないでしょう。

応募の電話をかける前に確認してほしいこと

求人広告を手にして、応募の電話をする前に確認してほしいことがあります。

複数の媒体を使用している園

もちろん全ての園が該当するわけではありません。何か理由があればよいのですが、人数の割にたくさんの求人媒体を使用している園は訳アリかもしれません。

新卒を獲得したい時期ならともかく…ハローワークやいろんな媒体を利用している園は一か所の求人では集まらず複数に頼まないと採用できない園です

人間関係が良い保育園を見極める方法

毎年どれくらいの人数を採用しているのか?

毎年何人採用しているか?というのは保育園の職場環境を知るために必要な情報です。新卒であれば学校の求人で知ることが可能です。既卒であっても学校に問い合わせすれば教えてくれるでしょう。
毎年3人以上採用している園はそれだけの退職者が出ている園であり、退職する理由がある園なのです。

地域の求人情報を知るためには?

保育士専門の求人サイトを利用することをおすすめします。
なぜなら、専門のコンサルタントが希望条件に合わせて、見合う園を探してくれるからです。本来であれば自分で集めなければいけない園の情報をもっている可能性があって教えてくれます。

おすすめの求人サイト

スマイルSUPPORT保育

「スマイルSUPPORT保育」 保育士・幼稚園教諭のお仕事紹介

年間就業者実績2,000名以上で利用者の96.7%が満足と答えています。

満足度の高い理由は、保育士経験のあるキャリアコンサルタントの存在です。

現場で働いた経験のあるキャリアコンサルタントには、保育士や幼稚園教諭特有の悩みを理解しているため、的確なアドバイスを受けられることや、質の高い求人を紹介してくれることが人気の理由です。

対応地区 全国
特徴 非公開求人20,000件以上保有
年収500万以上のハイクラス求人あり
保育士経験のある人材コンサルタント在籍
利用料 無料
対応時間 9:00〜19:00(平日のみ)
退会方法 会員ページから退会可能

 

アドセンス




アドセンス




保育士おすすめコンテンツ

1

今勤めている職場を離れて、新しい職場に転職するのはとてもパワーのいることですよね。 転職活動はいつからするの? 求人サイトに登録するのは何月? いい保育園は早くしないとなくなってしまう? 新卒採用、園 ...

2

気温が上がり始めると次第に薄着になりますよね。 冬には服を着て隠れていたムダ毛。 夏に向け自然に肌の露出が多くなることでもうごまかしはききません。 「あぁ、ムダ毛のないツルツルな肌になりたい」と思いま ...

3

社会福祉士は心身に問題が生じて日常生活に支障がある人達の相談、助言、支援を行うソーシャルワークの国家資格で名称独占資格です。 “保護者と子どもを援助していくために幅広い知識と相談援助の技術を専門的に学 ...

-保育士の転職

Copyright© 保育の仕事術 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.