保育士の悩み 保育士の転職

【新人保育士の転職】1年目で辞めたい時に知っておきたいこと

更新日:

新卒でも、一年目でも転職はOKです。

1年目が辞めたくなるような劣悪な環境しか提供できない保育園側に問題あり!です。

新人じゃなくても辞めたくなる園の環境

  • 職場でのいじめや陰口に上下関係
  • 子どものためというプライベート時間の搾取
  • サービス残業や休日出勤(無給)の強要
  • 行事前になると職員全体の前で怒られる日々
  • 子どもや保護者への雑な接し方や保育理念、方針

憧れていた保育士。子どもの笑顔と成長がやりがいで先輩に指導してもらいながら保育士として成長していく。大変なこともあるけれど、毎日楽しい!はずだった。

「こんなはずじゃなかったのに…。」というガッカリ感でいっぱいだと思います。

頭の中は”退職”の2文字でいっぱいなのに学校の先生、自分の家族、職場の先生の目が気になって相談もできない。

「保育士になって一年目だけど辞めていいんだろうか?」

1年目にしてすでに辞めたいと思うあなたの道しるべになればと思います。

新卒で退職はあり?自分以外にも辞めてる人はいるのか?

厚生労働省が調査した結果、1年未満の退職は10%

10人採用されれば1人は必ず辞めていることになります。

若手である5年未満の保育士が「もう保育士をしたくない。」という人は約半数

この調査は保育士を希望しない人なので、保育業界内での転職はカウントされていません。

と、考えると…5年未満では50%以上の人が新卒で就職した園を離れて再スタートをきっていることになります。

20代・30代の保育士が離職する理由は?

参考:保育を支える保育士の確保に向けた総合的取組(厚生労働省H25年度資料)

20・30代が保育士を選ばない理由 ワースト3 

保育士を選ばない理由その1:賃金が希望と合わない

保育士を選ばない理由その2:他業種への興味

保育士を選ばない理由その3:休暇が少ない、取りにくい

仕事量や職場の環境、今後の人生を考えた時に総合的な評価として保育士ではない道を選択する方もいます。

保育士を選ばない理由その1:賃金が希望と合わない

保育士としての仕事が賃金に合わないと感じる人が最多です。

  • 子ども命や成長という責任
  • 行事前の仕事の多さ
  • サービス残業
  • 持ち帰り仕事
  • 保護者対応  などなど

自分の労力と比例しない賃金が保育士に見切りをつける原因になっています。

(例)年間休日120日の保育園の場合

年間休日が120日の園では年間1960時間労働時間することになります。(出勤は245日)

  • 新人保育士のお給料:17万(特殊手当込み)
  • 17万×12ヶ月=204万(実質、保険、年金などを抜いたら…手取りは15万切るでしょうね)

年間の労働時間で割ってみると時給1040円。あくまでこれは定時に帰れた場合です。

毎日1時間サービス残業をすると…年間245時間。年間労働時間と足して時給を計算すると…925円。千円切ってしまいましたね。

サービス残業が園の文化のようにある園や持ち帰り仕事を加算すると…保育士を時給換算すると低いことがわかりますね。

特に保育園では園長や副園長、主任などの役職ポストも簡単には空かないため昇級のチャンスも少ないことが多いですし、昇給が少ない。または、ない園もあるでしょう。

そうなると賃金が保育士よりも高い他業種への興味もわいて当然かもしれませんね。

保育士を選ばない理由その2:他業種への興味

「もう保育士は絶対したくない。」と考える方以外でも異業種へ転職される方もいます。

保育士を辞める気がなくても他業種への興味は自然なことだと思います。

「保育士以外の仕事もしてみたい」という好奇心や「異業種へ転職するなら、若いうちしかダメなんじゃないかな?」「ずっと保育士でいられるかな?」などのちょっとした不安を感じることもありますよね。

保育士を選ばない理由その3:休暇が少ない、取りにくい

保育士は子どもの人数に対して保育士の人数が必要なので休みづらいです。

平日に行事があるとまず休めない、土曜の振替も欲しい日にもらえない。

理解しているけど、心と身体はそうはいかないこともあります。でも、休めない。

これが続くとどんどん疲弊していきます。

保育園の休日については…

  • 年間120日以上の園
  • 日・祝は休み
  • 年末年始・ゴールデンウィークは休み など

という傾向を持つ園が多いので、パッと見では休みが多いように感じるのですが…。

休日も丸っと自由に過ごせる時間を確保するのは、難しいことだってありますよね。

ピアノとかピアノとかピアノとか。笑(ピアノだけじゃないですけどね。)

1年目で辞めたいと悩む 新人保育士の本音は?

保育士として自分が引き換えにしている時間や心身への負担が賃金と合わないと感じているのではないでしょうか?

保育士の賃金が低い傾向にあるのはわかっていたはず。入職前に納得済みですよね。

それ以外に苦痛なことがあるから辞めたいと悩む方が後を絶たないんです!

こんな時に保育士を辞めたくなる! 

  • サービス残業が通常運転
  • 行事の度に極度の緊張感で夜も眠れない
  • 園長や主任、先輩が帰らないと帰れない文化
  • 休日、帰宅後関係なしの持ち帰り仕事
  • 休日なのに仕事で頭がいっぱい
  • 日曜日なるとテンション下がる(サザエさん症候群)
  • 中学の部活のような上下関係
  • いじめ、悪口、集中攻撃ありの劣悪な人間関係
  • 子どもへの接し方を含めた保育園の方針

新人でも1年目でも辞めていい

賃金がと見合わない!サービス残業が多い!持ち帰り仕事が多い!休日が休日と感じられない!人間関係最悪!なのはあなたのせいではありません。

園長や今までの先輩たちが培った負の遺産。園の悪い文化のせいです。

  • 1年目(新人)だから
  • 私の性格のせい
  • 私の仕事が遅いから

など「辞めたい」と感じる自分がおかしいと責めてはいませんか?

ですが、ちょっと待ってください!

保育園の過酷な労働環境を問題視し、職場改善をしている園もあるんです。

保育園の労働環境改善の例

子どもがいる職員もいるため、時間での有給休暇の取得を可能にした。希望者には短時間労働もできるようにした。

社会福祉法人川上福祉会 ふじヶ丘保育園の事例

他にも多数ありますので、ぜひ参考にどうぞ→有休の取得方法を見直し

1年未満で退職 今後の影響は?辞め方・タイミングは?

タイミングは、年度末が最適です。

次の職場への面接などで退職理由も丁寧に説明できれば、その後の保育士人生への影響も最小限ですみます。

子どもたちを進級させ、自分も新天地へというのがベスト。

でも、どうしても年度途中に辞めたくなった時、理由によっては我慢しなくてもいいと思います。

年度途中での退職はあり?なし?

年度途中の退職はありです。(個人的な意見です)

保育士を選ぶ人は、真面目で優しく、責任感が強い、子どもへの影響を一番に考えてしまう方が多いので、自分の心身を犠牲にしてでも頑張ってしまう傾向があります。

だから、こんな時は迷わず辞める決断をしましょう。

こんなSOS信号を無視していませんか?

  • 体調不良が続く
  • 心のバランスがとれない
  • 睡眠がとれない
  • 食事がとれない

不調が続く時は、病院の受診も検討しましょうね。

業界柄、年度途中での退職はご法度とされています。学生の頃から耳にタコができるくらい聞いてきたと思います。それでも、年度末まで我慢できないのは余程の状態と捉えていいと思います。

絶対しちゃNG!なのは【退職手続きを取らずに無断で辞めてしまうこと】

これだけは知っておきたい。年度途中で退職することが及ぼす影響3つ

  1. 子どもへの影響
  2. 園長先生、主任を始め先輩、同僚など園全体への影響
  3. 保育業界で働く上での影響

影響その1:子どもへの影響

十分に理解していることを承知しています。でも、やっぱり受け持ちの子どもに大きな負担はかかります。あなたが愛情を持って保育してきたなら、尚更です。

影響その2:園長先生、主任を始め先輩、同僚など園全体への影響

  • クラス担任変更に伴う人事異動や配置転換
  • 保護者への説明や謝罪
  • 職員不足による緊急性の高い採用
  • 子どもが定員数受け入れ不可能になる可能性

保育士は一人欠けることは必ず園のどこかに影響します。

影響その3:保育業界で働く上での影響

保育業界の人間関係の狭さは恐ろしいものがあります。

  • 前の職場と今の職場の主任が友達
  • 新しい職場の先生と前の職場の先生が同じ学校出身
  • 園長先生の友達の娘と同じ職場

などの話を聞くたびに『変なことはできないなー。』と私自身も感じてます。

保育士を続けていくならば、辞め方が今後の自分の保育士人生について回ると言っても過言ではありません。

新しい職場で保育士として頑張ってみたいあなたに

あなたの力を活かし、必要としてくれる職場は必ずあります。

労働環境を整え、勤務する人達に少しでもいい環境で働いてほしいと善処する園があるからです。

でも、働きながら条件がいい職場を見つけるのはかなり大変。焦りから園選びに失敗することも…。

保育士の転職、園の採用情報をよく知る保育士専門の求人サイトは保育士として再スタートを切りたいあなたの強い味方です。

こんな会話からあなたの希望に近い園を探してくれます!

給料、勤務時間、休日日数、通勤時間、どんな方針・理念の園が希望か?

他にどんな希望があるか?、優先順位をつけるとしたら何が一番か?

面接日時の設定や園への交渉も担当の方が行ってくれたり、本音の聞きにくい内容を求人サイトの担当者に聞くことができます。

 

初めての職場が悪かっただけ、あなたの保育士人生にピリオドを打つのはもったいと思います。

あなたの能力を最大限引き出してくれる園で、自信をもったあなたが笑顔で子どもたちと過ごせる頃を心から願っています!

保育ひろば

保育ひろばは、国内最大級の保育求人を提供しています。好条件の非公開求人が多数あり、電話だけで求人紹介を受けられます。

専用スマホアプリで求人情報確認・選考スケジュールを確認。チャットでサクッと不安を相談。転職の不安はここで全て解消できます。

転職・復職までのスピードを重視する方におすすめ!(転職成功時には最大20,000円のお祝い金あり)

 

対応地区 全国
特徴 業界トップクラスの求人数保有
電話のみで相談可能
転職お祝い金 最大2万円あり
利用料 無料
対応時間 9:30〜20:30
退会方法 電話連絡のみ

保育士バンク

業界トップクラスの求人件数を持つの転職支援サービスです。

保育士バンクでは紹介会社のネガティブなイメージを覆すために、保育士一人一人の悩み・希望に寄り添ったヒアリングをしています。

転職を迷われている方の相談だけでもOK。自分のペースで転職をしたい方におすすめです。

対応地区 全国
特徴 業界最大級の求人数を保有
好条件の非公開求人多数(会員限定)
検索機能充実
利用料 無料
対応時間 平日 10:00〜19:00
退会方法 電話連絡のみ

保育士おすすめコンテンツ

1

社会福祉士は心身に問題が生じて日常生活に支障がある人達の相談、助言、支援を行うソーシャルワークの国家資格で名称独占資格です。 “保護者と子どもを援助していくために幅広い知識と相談援助の技術を専門的に学 ...

2

今勤めている職場を離れて、新しい職場に転職するのはとてもパワーのいることですよね。 転職活動はいつからするの? 求人サイトに登録するのは何月? いい保育園は早くしないとなくなってしまう? 新卒採用、園 ...

3

保育士の派遣はパートよりも時給が高く、サービス残業・持ち帰り仕事なしで人気の働き方です。人気の高く安心できる保育士派遣の会社を徹底比較しました!

-保育士の悩み, 保育士の転職

Copyright© 保育の仕事術 , 2018 All Rights Reserved.