保育に関する情報を発信するブログです。

保育の仕事術

保育士の仕事

保育士のトイレトレーニング 始める時期や導入、環境設定を知っておこう

投稿日:

トイレトレーニングは、大きく個人差があります。

スタートする時期は、みんなバラバラで「○歳から」などの目安しかありません。

実際に現場に入ると目安通りにいかないことがいっぱいあるんですが…

とは言っても目安や環境設定をしっておくことは、自分の保育でヒントになります。

まずは、始める時期から確認していきましょう。

始める時期は?3つのサインを目安にしよう

子どもの様子をよく観察して、3つのサインがでるころに本格的にスタートしてみましょう。

  1. ひとりで歩ける
  2. 言葉の理解があって、少しおしゃべりできる
  3. おしっこの間隔が一定時間あいている

一人で歩ける…10か月から1歳半

言葉の理解があって、少しおしゃべりできる…1歳半~2歳

おしっこの間隔が一定時間あいている…1歳後半~2歳後半

あくまで目安ではありますが。3つの条件がそろうのは2歳児さん。

2歳児になると本格的に取り組むのは理にかなっていますね。

 

2歳児の夏がいいってほんと?

2歳児の夏といえば、トイレトレーニング!!

というイメージが強い方もいるのではないでしょうか?

実は、私もそう思っていました。

夏がよいといわれる理由は…

  • 洗濯物が乾きやすい
  • 汗をかくので、排尿間隔があく

保育士(おとな)としては、夏がやりやすいというだけ。

プールで慌ただしかったり、体が冷えたりするので逆に大変な部分もあります。

冬だとトレーニング環境としては、若干不利にみえますね。

冬の方が、外遊びや自由時間が長くなるため保育にゆとりできます。

ゆとりがあるほうが、トレーニングにも気長に付き合えますよね。

考えてみると夏も冬もそれぞれに良し悪しがあります。

なので、子どもの発達に合わせて「年中トレーニングウェルカム!!」の姿勢が子どもにとっても保育士にもいいですよ。

トレーニングの導入や環境設定はどうしたらいい?

「いざ!トイレトレーニング!」と意気込んだところで失敗する可能性のほうが高いと思います。

何事にも準備が肝心。

トイレトレーニング 見通しと発達

0歳児からトイレトレーニングは始まっていると思いましょう。

押さえてほしい5つのポイントはこちらです。

  1. 子どものおしっこのサインを把握しておく
  2. おむつはおしっこが出たら、取り替えて「しーし、でたね」と声をかける
  3. 友達のトイレをお手本にする
  4. トイレの雰囲気は明るく、子どもに親しみやすい
  5. 絵本や遊びで子どもの関心を高める

子どものおしっこのサインを把握しておく

子どものおしっこのサインは様々。その子のサインをしっておくだけで、トレーニングはうんと楽になります。

 

サインの例としては…

  • またのあたりを触る
  • 隅っこでもじもじしている
  • 急に固まる
  • トイレを指さす(行く)
  • 「しーし」「いれ(トイレ)」などの言葉を使う

サインを出したら、近くに行って「しーし?トイレいこっか」と優しく言葉がけしましょう。

もちろん、おしっこが便座で出た時は、一緒に喜びましょう

出なければ「教えてくれてありがとう。また教えてね。」と伝えればOK。

 

おむつはおしっこが出たら、取り替えて「しーし、でたね」と声をかける

オムツを交換するときは、優しく声をかけていきましょう。

いつも同じ場所(トイレ)で変えていくことで、トイレに慣れるようにしていきたいですね。

 

トイレ=オムツを変えてもらって気持ちよくなれるところ

と感じて、同じ場所で排泄することに慣れていくようにします。

 

友達のトイレをお手本にする

友達が便座に座っていたら、チャンス!

「○○くんしーししてるね。△ちゃんも座ってみる?」

「(立ち便器している子を)お兄さんみたいだね」

などの言葉がけをしてみましょう。

褒められたり、認められている子の自信にもつながります。

便座に座る前の子(1歳児低月齢)でもこの方法で「便座は座るところ。おしっこをするところ」ということを伝えることもでいます。

トイレの雰囲気は明るく、子どもに親しみやすい

昨日までスムーズにトイレに行っていた子が急に嫌がりはじめました。

原因を探ると排水の音がいつもより大きい。

排水口を掃除して、音がなくなったことが分かるとまたトイレに行けるようになりました。

この話は、私の実体験。

トイレの環境が大切だと実感した出来事でした。

  • 慣れたトイレでしか排泄できない
  • 換気扇の音が大きい
  • 照明が暗い
  • 便座が汚れている
  • 虫がよくでる

虫に一度遭遇しただけで、特定の便座が使えなくなったりする子もいます。

動物の壁面やキャラクターなどで親しみやすい雰囲気を作ったり、トイレの清潔度や照明などのチェックをして、子どもの不安を減らしていきましょう。

絵本や遊びで子どもの関心を高める

絵本や遊びの影響力って大きいですよね。

トイレトレーニングにもその力を活用しましょう。

トイレに関する絵本と読んでイメージを膨らませるのもOK。

1歳児から楽しめる絵本は…

仕掛けのある”ひとりでうんちできるかな”

みんな大好きノンタンシリーズ”おしっこしーし”

言葉が真似できたり、楽しめるような月齢になったら”おトイレさん”が面白くておすすめです。

 

「うさちゃん、しーしーできてすっきりしてたね」などのコメントはよいですが、過剰に主人公を褒めたり、励ましすぎるのは本人のプレッシャーになることもあるので気を付けましょう。

 

遊びの中で人形を使って、おしっこをさせる人形遊びもおすすめ。

ブロックや洗面器などをトイレに見立てて「うさちゃん、しーししたいって!」と話しかけたり、実際に「しーしー、でたね。すっきり~」と伝えていきましょう。

その中で「○○くんもトイレですっきりしてくる?」と聞くと自分からさーっとトイレに走っていく子もいます。

出た時は、人形も交えて一緒に成功を喜びましょう!

まとめ

保育士が気にならないようなことでも子どもって気付くんですよね。

「えっ?そんなこと?」と思うようなことがきっかけだったりします。

環境もしっかり整えて、トレーニングを進めていきたいですね。

月齢別 トイレトレーニングについて

0歳児~1歳児低月齢

保育士のトイレトレーニング 0歳児~1歳児低月齢編

1歳児高月齢~2歳児

保育士のトイレトレーニング 1歳児高月齢~2歳児

トイレトレーニングの参考におすすめです↓

アドセンス




アドセンス




保育士おすすめコンテンツ

1

今勤めている職場を離れて、新しい職場に転職するのはとてもパワーのいることですよね。 転職活動はいつからするの? 求人サイトに登録するのは何月? いい保育園は早くしないとなくなってしまう? 新卒採用、園 ...

2

気温が上がり始めると次第に薄着になりますよね。 冬には服を着て隠れていたムダ毛。 夏に向け自然に肌の露出が多くなることでもうごまかしはききません。 「あぁ、ムダ毛のないツルツルな肌になりたい」と思いま ...

3

社会福祉士は心身に問題が生じて日常生活に支障がある人達の相談、助言、支援を行うソーシャルワークの国家資格で名称独占資格です。 “保護者と子どもを援助していくために幅広い知識と相談援助の技術を専門的に学 ...

-保育士の仕事
-

Copyright© 保育の仕事術 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.